オリジナルプロダクト「きみどり」

提案可能なデザインジャンル

インテリア雑貨や家具家電など、多様なプロダクトデザインもユニバーサルデザインもPDRにお任せ下さい.

大手企業や有名ブランドメーカーをクライアントに、あらゆるプロダクトを手がけているフリーランスデザイナーがPDRの選任デザイナーです。(こちらからプラムネットの総合実績がご覧頂けます。)

□デザイン可能なプロダクトジャンル
家具、家電、専門機器、什器・設備、雑貨、アパレル、ステーショナリー、GUI等と、製品仕様書やパッケージ、販促ツールまで。

提案の際は、様々な発想法と最新のプレゼンツールを駆使し、わかりやすいプレゼンテーションをさせて頂きます。
※主なプレゼンテーション内容は、この先にある[初回提案・詳細提案]の項目をご参考下さい。

デザイン提案のプロセス

通常、以下の工程でデザインをご提案致します。


1.ヒアリング :案件詳細をお伺いし、業務確認書をお送りします。
2.調査・分析 :必要な情報を収集し分析・考察します。
3.初回提案  :コンセプトとラフイメージで数案をご提示します。
4.選 定   :数案から選定or修正箇所のご要望を頂きます。
5.詳細提案  :選定案のイメージ、図面など詳細をご提示します。
6.承認・修正 :修正と再提案の後、承認を頂きます。
7.試 作   試作の詳細はPlumnetのサイトでご確認下さい。
8.実 施   :デザイン納品の完了。

各項目の詳細は、この先をご覧下さい。
(項目クリックでページジャンプします)TOPへ



ヒアリング

デザイン案件の詳細、ご要望などをお伺いします。
ヒアリングした後、折返し、「デザイン業務確認書」をお送り致します。
デザインの方向性を共有することで、情報の行き違いをなくし、案件の進行をスムーズにします。
(※)お急ぎの場合は、その場で簡易の「デザイン業務確認書」を作成し、ご対応させて頂きます。

デザイン業務確認書

例:デザイン業務確認書

TOPへ

調査・分析

デザインを進めるうえで、羅針盤となるコンセプトを確立します。 コンセプト確立にあたっては、必要に応じて以下の調査と分析、考察をおこないます。

A.  市 場 調 査 :既存商品との比較、考察など。      
B. ユ-ザ- 調 査 :対象者のライフスタイル、志向などの分析。
C. モニター調 査 :最終提案後のモニタリングも可能。    

これらの情報を取りまとめた「コンセプトシート」を、初回提案時にご提出致します。

例:コンセプトシート
(※提出資料の抜粋)

TOPへ

初回提案・詳細提案

■初回提案
はじめは、様々なの可能性を持てるよう、数多くのアイデアとともに数案をご提案致します。
限られた時間と諸条件の中で、確立したコンセプトを軸に、数多くのアイデアをご提供できるよう、「ラフイメージ(スケッチやCG)」を主にご提示致します。
また、状況に応じて、初回から高精度なCGや図面をご提示することも可能ですので、ご相談下さい。

□プレゼンテーション内容例

A. スケッチ :主にラフスケッチにて数多くのアイデアを確認。
B.  3DOG :CGによる形状、質感や雰囲気を確認。

例:初回デザイン提案資料
(※提出資料の抜粋)

under_list

修正・承認

under_list

■詳細提案
初回提案時に確認しておいた、修正箇所や追加項目などををもとに、詳細な提案をさせて頂きます。

□プレゼンテーション内容例

A. スケッチ :補足的なラフスケッチ、細密スケッチ。/td>
B. 2DCAD :意匠図面、制作図面の納品。
C. 3DCAD :アセンブリ確認、3Dデータの納品にも対応。
D. 3DCG :高精度のCGで質感や雰囲気を確認。
E. その他 :仕様書やパッケージ版下の納品。
最終デザイン提案資料

■最終デザイン提案資料(まとめ資料)

TOPへ

メインコンテンツ

スペシャルコンテンツ